「もしも」の時に役に立つ新型コロナウイルス検査のギモンに答えます

新型コロナウイルス向けの検査は
「PCR検査」だけではないとご存知でしたか?
このページでは検査ごとの違いや検査で
陽性と診断されたときの流れをお伝えします。

「PCR検査」などは医師の判断で受ける検査です。
本ページはPCR検査をみだりに推奨するものではありません。

公開日:2020年8月18日

構成・文:Yahoo! JAPAN 監修:忽那賢志先生

どんな検査がある?

検査までの流れ
  • ※1 かかりつけ医をお持ちの方は、まずはかかりつけ医にご連絡ください。かかりつけ医をお持ちでない方は、帰国者接触者相談センターにご連絡ください。
  • ※2 体調が悪化あるいは症状が続いた場合は、再度ご相談ください。
  • ・受診時はマスクをつけ、なるべく公共交通機関を使わず病院を訪れてください。
  • ・症状は無いが不安だという方は、各都道府県が用意している相談窓口(外部サイト)へお問い合わせください。
  • ・検査結果が陰性だからといって、確実に不安が解消できるものではありません。
  • ・個人での抗体検査を推奨するものではありません。

検査の種類

PCR検査 抗原検査 抗体検査
現在、最も高精度な検査方法。
結果判定に時間がかかる。
PCR検査より短時間で検査可能。
精度が低く、感染者を見逃す可能性も
体内の抗体を検出し、過去の感染有無を確かめる
目的 現在の感染有無を判定※1 現在の感染有無を判定※1 過去の感染有無を判定※3
方法 鼻の粘液、あるいは唾液から検査する方法※2など 鼻の粘液、あるいは唾液から検査する方法※2など 血液検査
判定
時間
1〜6時間以上 30分程度 15分程度
費用 なし
(医師により必要と判断された場合)
なし
(医師により必要と判断された場合)
5,000円〜10,000円程度
(保険適用外)※4
結果 陰性の場合
症状のある間は自宅で安静に

陽性の場合
入院等、指示に従う
陰性の場合
再検査・PCR検査・経過観察

陽性の場合
入院等、指示に従う
抗体ありの場合
過去に感染している可能性あり

抗体なしの場合
これまでに感染はしていない
  • ※1 「偽陰性」(ぎいんせい/実際は感染しているのに結果は陰性)の可能性もあるため、症状があるうちは自宅で安静に過ごしましょう。
  • ※2 唾液からの検査は発症から9日以内
  • ※3 現在感染の疑いがある方のための検査ではありません。
  • ※4 医療機関、検査キット販売元により異なります。個人での抗体検査を推奨するものではありません。
■PCR検査とは?
PCRは「ポリメラーゼ・チェーン・リアクション(ポリメラーゼ連鎖反応)」の略。
この反応を用いた「PCR検査」はウイルスの遺伝子の特定の部分を検出する検査であり、新型コロナウイルスの検査において、現在最も高精度とされる検査です。新型コロナウイルスは、鼻やノド、痰(たん)に潜んでいるのでそれらを調べることでウイルスの有無を検査していきます。検体を採取したあと、最大6時間程度で判定をすることができます。最近では、発症から9日以内であれば唾液からでも検査できるようになりました。

■検査は痛い?
鼻やノドから検体を取る場合、かなり奥深くまで綿棒をささなければならないので痛みをともなう場合があります。その一方で、痰や唾液の検査であれば痛みはなく ご自身で採取することも可能となります。

■検査すれば安心?
PCR検査は精度も高く、とても優れた検査方法ですが、残念ながら万能ではありません。
例えば、
・本当は感染しているのに「陰性」という結果だった(偽陰性/ぎいんせい)
・本当は感染していないのに「陽性」という結果だった(偽陽性/ぎようせい)
と正しい結果が得られないことがあります。また、極端な話、検査時は「陰性」だったものの帰り道で感染症にかかってしまうといった可能性もゼロではなく、ただ闇雲にPCR検査を受ければ良い、受ければ安心、というわけではありません。

■検査について、どうすればいい?
現在、新型コロナウイルスの検査はPCR検査、抗原検査、抗体検査の3種類が用意されています。それぞれの使い所・長所・短所が違うため、各検査の特徴を知ったうえで、うまく使い分けることが重要です。

この特集ページでは、各検査の特徴や違いなどを解説しております。ご参考いただけると幸いです。みなさん、どうかお体大切にしてくださいね。

どんな人が受けられる?

以下のいずれかに該当する方は、病院に相談してください。医師が必要だと判断した場合、検査を受けることができます。もちろん、これらに該当しない場合の相談も可能です。

  • 息苦しさ、強いだるさ、高熱等の症状がある

    息苦しさ、強いだるさ、
    高熱等の症状がある

  • 重症化しやすい方※で軽い風邪の症状がある

    重症化しやすい方
    軽い風邪の症状がある

  • 重症化しやすい方※で軽い風邪の症状がある

    風邪の症状が
    数日以上続く

症状には個人差があります。強い症状だと思う場合にはすぐに相談してください。

※ 高齢者、あるいは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)などの基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

どこに相談すればいいの?

感染の疑いがある方は、かかりつけ医や地域の相談窓口などに
ご相談ください。

厚生労働省が開設した電話相談窓口

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:9:00〜21:00 (土日・祝日も実施)

相談窓口について詳しく見る(外部サイト)

どこに相談すればいいの?

陽性と判断されたら?

検査で「陽性」と診断された場合は、隔離が必要となります。

すでに入院している方

すでに入院している方

診断後、医師が保健所へ届け出を行います。隔離された病室での入院となります。

自宅待機となった方

自宅待機となった方

診断後、医師が保健所に届け出を行います。保健所から、入院・ホテル療養・自宅待機などについて連絡があります。

正確に情報を伝えるために

医師や関係者に正確に情報を伝えるために情報を記録しておきましょう。

体温/病状を記載した
タイムテーブル

▶︎体調管理表をダウンロード(pdf形式)

退院基準

症状がある方

  • 発症から10日後、かつ症状が軽くなって72時間経過した場合
  • 症状が軽くなって24時間経過したあと、間隔を空けた2回の検査で陰性を確認した場合

症状がない方

  • 検査から10日経過した場合
  • 検査から6日経過後、間隔を空けた2回の検査で陰性を確認した場合

FAQ

A: 2020年4〜5月頃と比べて検査体制が整ってきています。症状が続く場合は、無理をせず、保健所やかかりつけ医、近所の病院に相談してください。
A: 以前話題になった「37.5度以上の発熱が4日以上続く」などの目安はなくなりました。強い症状のある方は、すみやかに相談してください。
A: まずは保健所やかかりつけ医、近所の病院に電話でお問い合わせください。診療所から検査に進めるルートが新しく整備されています。
A: 聴覚に障害のある方など、電話での相談が難しい場合は、FAX(03-3595-2756)をご利用ください。
A: 日本からの海外渡航の際、PCR検査結果の提出が必要な国があります。詳しくは、外務省ホームページ(外部サイト)日本旅行医学会ホームページ(外部サイト)をごらんください。

みんなの意見

長期休暇の前に新型コロナ検査、受けたい?

事前の検査、51%が「受けたいとは思わない」

長期休暇や帰省などの前に、自主的にPCR検査を受けるケースがあるといいます。自由診療でPCR検査を実施する医療機関が増え、「陰性証明書」を受け取ることも可能。事前のコロナ検査、受けたいと思いますか?

Yahoo!ニュース みんなの意見を見る

▲トップへ戻る